知っておくと便利なマレーシア語

マレーシアでは英語が共通語なので、日常的に暮らすには英語が出来れば問題ありませんが、マレー系、中華系、インド系などなどそれぞれの人種は自分の母国語を持っています。また国の言語はマレーシア語(バハサ・マレー語)なので、マレー系の人達とコミュニケーションを取る時は、少しでも知っているマレーシア語で話すと親しみを持ってもらえることでしょう。

また多民族国家ではあるものの、マレー系の住民は全体の7割近くを占めており、お店の看板やスーパーの品物などはマレー語と英語の両方でで表記されています。マレーシアをより楽しむために、ちょっとしたマレー語を覚えておきましょう。

マレーシア語のあいさつ

  • おはよう Selamat Pagi(スラマッ パギ)
  • こんにちは Selamat Tengahari(スラマッ トゥンガハリ)
  • さようなら Selamat Tinggal(スラマッ ティンガル)
  • また会いましょう Jampa Lagi(ジャンパラギ)
  • 私の名前は○○です Nama saya ○○(ナマ サヤ ○○)
  • 元気ですか? Apa Khabar(アパカバール)
  • 元気です Khabar Baik(カバールバイク)
  • ありがとう Terima kasih(トゥリマ カシ)
  • どういたしまして Sama sama(サマサマ)

弊社では、マレーシアの講師とオンラインで繋ぎ、マレー語、英語、中国語で楽しくおしゃべりする【おしゃべりサロン】を毎週開催しています。おしゃべりサロンはこちら→

マレーシアへ渡航前にいろいろな言葉で少しでもコミュニケ―ション出来ると交友関係も広がりますよ。

関連記事

  1. マレーシア大学留学

    マレーシア留学中のアルバイト

  2. コロナウイルス・ワクチン接種率 9月16日’21現在

  3. マレーシアの携帯電話事情

    マレーシアの携帯電話事情

  4. 慣れないマレーシアのカルチャーショック

  5. マレーシア大学留学

    マレーシアの恋愛事情

  6. マレーシアは危ない?