マレーシア大学留学について

マレーシアの大学

マレーシアの私立大学では英語で授業が行われ、海外からの留学生を積極的に受け入れています。そのためマレーシアの大学を卒業した人は英語のスピーキングはもちろん読み書きができるのが普通です。多種多彩な学部があり、日本人でも比較的容易にマレーシアの大学へ入学することができます。また大学によってはアメリカやイギリスの大学と提携し、編入制度も充実しているため、マレーシアの大学に入学し、その後欧米の大学へ編入・卒業することも可能です。

留学生の受入体制が万全。英語漬けの毎日で英語が身に付く

マレーシアでは留学生の受入を積極的に行う事を一つの政策として実施しています。特に大学での学位取得を目的とする学生を積極的に受け入れられるよう各大学を支援しています。先ほども書いたようにマレーシアの私立大学では授業は全て英語を使用し、様々な国からの留学生が多いので学生同士のコミュニケーションも英語を使用します。欧米各国、中国、韓国、台湾といった国はポピュラーな留学先であるだけに日本人も多く、心強い反面、留学先で日本人だけで固まってしまい「いつも日本語でしゃべっていた」というようなことも起こりがちです。

マレーシアの場合はこれらの国よりも日本人が少なく、必然的に英語を話さざるを得ない環境に身を置くことになります。マレーシアはマレー系・中華系・インド系・先住民族などから構成される多民族国家です。公用語としてのマレー語、準公用語として英語が使われており、独立前はイギリスの植民地だったことから多くの人が英語を話しています。日常生活の中でも英語に触れる機会がとても多い国なのです。さらに、マレーシアには中華系マレーシア人や中国系の留学生も数多く暮らしています。大学によっては第二外国語がカリキュラムに含まれる場合もあり、中国語に触れることもできます。日本語・英語・中国語の話せるトライリンガルになれる可能性が十分にあります。

多民族国家マレーシアで、グローバル社会に直に触れることができる

マレーシアは多民族国家です。言語・宗教・文化がうまく入り混じり、差別などなく融合している国です。世界150ヶ国以上から留学生が集まっている事からもマレーシアがグローバル社会である事がよく分かります。あなたがマレーシアに大学留学すれば、生まれ育った環境、価値観、文化、習慣が異なる多くの人と出会うはずです。今まで知らなかった価値観を知り、新しい人々とつながりを持つことは、視野を広げ、色々な可能性・選択肢に気が付くきっかけとなるでしょう。

日本人でも暮らしやすいマレーシアの環境

マレーシアは東南アジアの中でも経済的にも豊かで治安も悪くはありません。そのためTPOをわきまえて行動すれば危険な目にあうこともありません。また親日家が多い国なので、街中などで嫌な目にあう可能性もほとんどありません。生活費が安く、医療水準が高く、日本語が通じる病院もあります。なにより安くて美味しいご飯が食べられることはマレーシアで生活していく上でとても重要です。マレーシアでは世界各国の料理がそろい日本食を食べることもできます。

気候は、年間通して日中は暑いものの朝晩涼しくとても過ごしやすいです。また、マレー半島は巨大なユーラシアプレート上に完全にのっており断層がないため、地震が起きることはまずありません。クアラルンプールは高層ビルが立ち並ぶ国際都市で、おしゃれなショッピングモール、カフェやレストラン、バーも充実しており都会での大学留学生活を満喫することもできます。

アジアをよく知るスペシャリストとしての評価

日本の企業にとっても海外の企業にとってもアジアは大きなマーケットであり、マレーシアは海外進出拠点ともなっています。アジアを肌で感じ多くの人と触れ合ってきたマレーシア留学生はそれらの事業に必要な人材です。さらに、マレーシアの後に欧米大学にも留学していたら、まさに国際的な人材といえます。アジアをよく知るスペシャリストという点も高い評価を受けるはずです。

時差1時間!日本からたった7時間!マレーシアは日本との行き来がしやすい

マレーシアと日本の時差は1時間しかありません。そのため、日本との連絡もとりやすく、同じように生活することができます。また、マレーシアにはLCC(ローコストキャリア=格安航空会社)が就航しており、7時間ほどで日本と行き来することができます。費用面でも時間の面でも、何かあったときすぐに帰国できる・来てもらえるというのは大きなメリットです。
また安い金額でマレーシアから海外旅行へ行くことができるため、長期の休暇を利用して学生時代に海外旅行を楽しむこともできるのです。

マレーシアの大学に留学するには

マレーシアの大学に留学するには早め早めの準備が肝心です。入学条件は各大学によって異なりますが、高校の成績、IELTS、TOEFLといった英語力のスコアなどが必要な学校もあります。英語については、マレーシアに行ってから、大学附属の英語学校などで研修後、大学に入学・編入するのが一般的です。ですから今の時点での英語力を気にしすぎる必要はありません。

いかがだったでしょうか、日本ではまだあまり知られていませんが、マレーシアは世界各地から留学生を集める留学生大国になりつつあります。その秘密はなんといっても、安い学費と充実した先進国大学との提携制度によるところが大きいでしょう。国にこだわらず留学先を考えていた人はもちろん、欧米の留学先を考えていた人にもマレーシアはおすすめできる留学先なのでぜひ検討してみてください。

ページ上部へ戻る