大学生・マレーシア入国ガイドライン・9月22日’21現在

教育省からのの大学生/大学への留学生マレーシア入国においてのガイドラインを紹介いたします。(9月22日’21現在)

  1. EMGSからの許可が下りている方、及びワクチン接種が2回終了している方
  2. 入国許可はEMGSを通して申請をすること
  3. マレーシア大使館(日本)にてSEV【Single Entry Visa】の申請をする
  4. マレーシアへ出発の72時間以内にRT-PCRテストを受けること(証明は英文で取得)
  5. MySejahtera追跡アプリを渡航の3日前までにスマホへインストールすること
  6. 到着後のPCR検査費用、ホテル隔離費用を渡航前にオンラインで支払うこと
  7. EAL【Entry Approval Letter】を渡航前にオンラインで取得すること
  8. 到着後:空港にてPCR検査、ホテル隔離14日間(到着時と隔離10日目にPRC検査あり)

到着後の事務手続きと隔離費用:

  • 到着時のPCR検査費用:RM250
  • 事務手続き:RM2600
  • ホテル隔離費用:RM2100/14日間 もう7日間延長になった場合RM3150

以下留学生に向けたSOP【Standard Operation Procedures】となります。

マレーシアに住居がある場合は隔離期間を自宅で過ごすことも認めるとの案内もありますが、別途手続きが必要です。またはじめてマレーシアに留学される方には該当しないのではないかと考えられます。

関連記事

  1. マレーシア大学留学

    マレーシアの大学にはどんな外国人留学生がいるのか?!

  2. マレーシア大学留学

    マレーシア大学留学【学生ビザ編】

  3. 大学選びの基準

  4. マレーシア大学留学

    マレーシアの大学の概要

  5. マレーシアの大学・オンライン授業のメリット

  6. マレーシア大学留学

    マレーシアの英語はローカル!?