ブログ

提携大学にトランスファーできる制度「クレジットトランスファープログラム」 とは?!

クレジットトランスファープログラム

マレーシアの私立大学にて前半の2年間学位を取得して、その後海外の提携校に学位をトランスファーして、後半の2年間はその提携校で学位を取得する制度です。
ADP(American Degree Transfer Programme)、米国大学編入制度はその代表格で、アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリスの提携校の学位を取得することができます。取得年数は 「2年+2年」以外にも 「1年+3年」や マレーシアの大学でのみの 「4年+0年」 があります。

ADPとは?!
アメリカン・デグリー・トランスファー・プログラムの略で、マレーシアの私立大学から、アメリカの大学に学位をトランスファーするシステムです。ツイニングと異なり、提携校とその学部が決まっていないことが多いので、トランスファー先に選択肢を持つことができます。
また、アメリカの大学に4年通って単位を取得するよりもはるか格安で同等の学位を取得できることが魅力でもあります。

関連記事

ページ上部へ戻る